幸せな夫婦が世界を救う!カギは、愛する男と愛される女。

幸せな夫婦が世界を救う!カギは、愛する男と愛される女。

やっぱりそうかー!

これでもか、といわんばかりのすごい人・濃い人達ばかりと出会っている関西ツアー。

でも、一番最後に辿りついたのは、見知ったアイディアでした。

ぐるっと大きな大きな一周をしてきた感じ。

その回り道で得られたものが大きい。

だからこそ、このアイディアにも深みが増してきます。

 

 お互いを高めあえる関係にある夫婦というユニットは最強

これを幾度となく言ってきた私ですが、すごい人も同じことをいっていると知って、これをより強く思いました。

 

今日は昨日のつづき、3日目の後半から書いていきますね。

前半についてはこちらからご覧ください。

恋愛問題はヨガで解決する × ヒーリングで私の念願叶ったり!

2015.10.02

3日目の後半は白龍神社にて

まずは白龍神社の話を少ししますね。

今年の3月3日まで、千ヶ峰にある白龍神社には、神様の声(御託宣)をおろすおばあちゃんが住んでいました。おばあちゃんなんて言っては失礼かもしれませんね。池田艶子先生といいます。

著名な方々も度々訪れて、御託宣を受けに来るくらいの方だったそうです。先日のブログでも紹介させていただいた、保江先生も訪問されたといいます。

すごいヒーラーと魔法のような技。ここは本当に地球?!

2015.10.01

実は西嶋先生のお父様のつながりで、池田先生に西嶋先生はかわいがられていました。
(私は直接関係がなく、お伺いした話からそう認識していますが、事実と違って理解している場合もあるかもしれません。。)

西嶋先生のブログ記事:人は死なない・不食-食べなくても生きていける

9月のお月見つながり

お月見祭に私が西嶋先生に誘っていただいたきっかけは、去年の9月でした。

西嶋先生が関係されている高御位神社のご神体、高御位山で満月瞑想会をしたいですと私が提案したことから始まります。

 

満月の一晩を山の上で無言で過ごすという企画でした。寝袋を持って月光浴しながら眠るのです。

 

すごいでしょ。

そして朝日を浴びながら、特別仕様の太陽礼拝。気持ちよかったなー。

 

その流れで、今年は西嶋先生から、白龍神社に行きませんかというお誘いでした。

それはなんだかおもしろそう。

ひとつ返事で決めました。

初めて神社で過ごす、お月見祭です。

宮司さんのセレモニー的な祝詞があって、みんなで唱えるパートもあります。ちょっと違うかもしれないけれど、教会のミサみたいな感じです。人間が勝手につけた名前が違うだけで、神様っていうのは同じだから当たり前かもしれません。

そして最後にお弁当とお饅頭とお酒までいただきました!

 

自分をゼロにする。

別にモノにつられたからって言うわけではありませんが、できればみんな神社にもっと行った方がいいなって思いました。
(本当に、つられて言うワケじゃないですからね!)

自分の住んでいる地域の神社のまつりごとには参加した方がいいって。

お正月の初詣の時以外にも、神的な何かに頭を下げること、また祈ることっていうのは、自分をゼロにするみたいで必要なことかなって改めて感じました。

 

「自分をゼロにすること」とは

過去の体験や未来への不安などから切り離された「いま、ここ」に自分を集約する

 

これが、神の前で祈るって瞬間なのじゃないかなと思うのです。

このことが日常でできるならば、神社に行かなくっても、特別に祈る時間を設けなくてもいいと思います。ただ、神社やお寺など、そういうところに行くと、場の力も手伝って、よりゼロになりやすいのではないかと思うのです。

 

今回連れて行っていただいた神社巡りの体験が私にそう思わせてくれました。

私は特別にこの神様を信じるっていうのはありません。神様の名前も覚えられないし、どの神様とどの神様が関係があるというような相関図も全然頭に入ってこないのです。

ただ、神的エネルギー、宇宙の意識、私たちを見守る何かにいつも手を合わせています。

これは私がヨガについて説明するときに言うところの、自分の中の神性とつながるという体験とはまた違う体験だと感じています。

 

白龍神社で龍をみた!ビックリ体験

話が少しずれました。

お弁当を食べていたら、京子先生が外で「月みてーーー!」と。

出てみたら、まるで大きな龍が空を翔けその目が光っているかのようです。

白龍神社でのお月見祭にて。まさに白龍!

白龍神社でのお月見祭にて。まさに白龍!

こんなの見たことない!まさに白龍!!

いいカメラ買っておいてよかったーとこのときほど思ったことはありませんでした。

上手な人はもっと上手に撮れるのでしょうけど、カメラの力だけで撮った写真でこれですからね。

 

そうこうしているうちに、ほとんどの方がもう帰路につき始めたので、あわてて残りのお弁当を食べて片づけをして、この近くに住む悟空さんのお住まい、悟空庵へ。

この日のさいご、悟空庵

車で数分の少し丘になったところにある古民家、悟空庵。暗くて外観はよくわからなかったけど、中はすべてリフォームしてあるので、とても居心地のよい空間が広がっています。

悟空さんは、なんと鎌倉のご出身。コウヘイと出会った頃に鎌倉に住んでいた私としては、それだけで、このご縁が嬉しく思えます。

どうしてここに住むことになったのかというエピソードは、嘘みたいな本当の話。聞きながら京子先生と私は大爆笑につぐ大爆笑。だってあり得ない話のオンパレード!

なんせ、この古民家が売値の半額になっちゃうんですから。。。

悟空さんはこの土地にきっと呼ばれた方なんだと思いました。

 

しかも、おもしろいことに、一切広告も出してないのにも関わらず、なんと旅の宿の雑誌に載ってしまっているのだそうです。

どこから話を聞きつけたんだか、悩める都会人が悟空さんの話を聞きに泊まりがけで来る例が後をたたないんだとか。

そうしてやってくる彼ら対して、世の中のしくみやら、元気に楽しく暮らせる方法をわかりやすく惜しみなく教えているのだろうなと思います。

 

そんな悟空さんが急遽私たちのためにひらいてくれた悟空塾。

その中で私も一番伝えたいなーと思っていることとリンクしている話を書きますね。

 

夫婦が幸せでいると、周りも幸せになる。

男の人と女の人がうまくユニットされると、エネルギーが生まれるんですって。プラスとマイナスで、電気が発生する、あれと同じ原理ですね。

 

悟空さんは、男の人は愛すること女の人は愛されることが役割としてあるといいます。

それでがプラスマイナス。うまく合致すると、エネルギーが生まれ、そのエネルギーがうまく流れ続ける。

そうです。フリーエネルギーなんです!

 

悟空さん曰く、愛されたい愛したいは、元来もっている役割と違うので、エネルギー的にうまくいかないんだとか。

なので、愛されたい男・愛したい女という組み合わせは勿論、愛されたい者同士の組み合わせ、愛したい者同士の組み合わせは、エネルギーが生まれないというか、違うことになるらしい。

ふむ。。。

私ごとですが、今までの私の相手は、愛してくれていなかったんじゃないかなと思います。
だって、コウヘイに会って初めて愛されている感覚を味わっている気がしていましたから。なので、この話にはとっても同感してしまいました。

 

 悟空さんの話に近いことを、私はヨガのセッションで話しています。

冒頭にも書きましたが、お互いを高めあえる関係性の夫婦のユニットは最強だよってね。

これをどうやって理解してもらうか、というのは、その場にいらっしゃる生徒さんによって異なってくるので、具体例としては書けないんですけどね。私のクラスを受けたことのある方は、何度か聞いたことがあるんじゃないかと思います。

昨日の記事にも書きましたが、この最強のユニットの組み方、つまりよい夫婦になれるパートナーの探し方、平たくいえば、自分にとってぴったりなパートナーに出会う方法を、シリーズ化した記事を書いていきます。もっと分かりやすくいえば、恋愛問題の解決の仕方っていうことかしら。

 

悟空さんとはベクトルは違っても、夫婦のユニットをよくしていくことで幸せが広がって、世界平和に近づくのじゃないかなと思っているのです。

 

スポンサー リンク



イライラしたくないあなたへ。無料で学べる!0から始める7日間の瞑想講座

無料で学べる!0から始める7日間の瞑想講座イメージ
イライラしにくくなったり、不安感がなくなったり、疲れにくくなったり、集中力が上がったり、日常生活への満足感が上がったりする、といわれている瞑想。

ヨガ歴20年超の私、カオンが自分の実践経験から、誰にでもカンタンにできる瞑想方法を集めました。全くの未経験の方でも大丈夫なように、実際にクラスでやっているようなスタイルで皆さんにお伝えします。

瞑想が身に着くと人生がちょっと変わる、と私は信じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

カオン

ヨガ的生活プラクティショナー:カオン
米国ヨガアライアンスの上位資格であるE-RYT500を保持
スタジオやマットの上の運動だけではないヨガ、日常生活の中でこそ活かせるヨガの智慧を広めている。
『カオン式在り方としてのヨガ』のRYT200ヨガ講師を育成中。
問合せや質問、予約を気軽にできる LINE@の登録はこちらから。
動画で体験できるYoutubeチャンネルはこちらから。