子育て、子供のしつけでイライラ!●●で育自して自力で解決。自宅でバカンス効果も?!

子育て、子供のしつけでイライラ!●●で育自して自力で解決。自宅でバカンス効果も?!

子育てに関するイライラを本質的に解決するなら、これ。

子育てに関するイライラを解決しようとして、Googleで検索してみると色々な情報がでてきますよね。

その中でもひときわ多くでてくる意見が

「お子さんが悪いのではなく、お子さんはそういう行動をされるのが当たり前で、親御さんが視点を変えてみたらどうですか?」とか

あるいは「数時間でも半日でもいいから、お子さんから離れられる時間を何とか工面して、思いっきり羽を伸ばしましょう」とか。

もちろん、こういうアイディアもありだと思います。というか、こういう視点も重要だと思います。

 

でもね。

 

それって、本質的な解決とはちょっと違うんだと思うんです。そういった視点の変更を簡単にできる方もいらっしゃると思います。

けれど、大半の方は「頭じゃ分かっているんだけど」とか「そうは言うけどウチの場合は……」って思うんじゃないかな。

 

そういうあなたに是非読んでいただきたいコメントがあります。

 

それは、私のやっている『7日間の瞑想講座』を受講された方からのうれしいメール。

まずは読んでみてください。

 

子供にかける言葉も変わってきたと思います。

MHさん

こんにちは。

MHと申します。

この度、カオンさん7日間の瞑想講座を終えました。

わたしは2人目の出産を控えた妊婦です。上の子が不安定になり、わかっていながらもイライラしてつい声を荒げてしまうこともあり、その度に自己嫌悪に陥ってしまっていたところ、偶然カオンさんのサイトにたどり着きました。

講座を通して気づいたことは、わたしは何かとジャッジしていたということです。いいか悪いか、出来たか出来ないか。それを自分だけじゃなく子どもに対してもしてしまっていました。

 

ただただありのままを観察しそれを受け入れること。

今目の前にあることだけに集中すること。

それを自分だけじゃなく相手に対してもやってみること。

 

そうすることで、客観的に自分を見られるようになってきた気がします。

子どもにかける言葉も変わってきたと思います。

例えば、

「〇〇出来てすごいね~」じゃなくて

「〇〇してるんだね。」という感じでしょうか。

ソーハン瞑想では広~い海にぽっかりと気持ちよく浮かぶ自分のイメージがいつも浮かんできました。

 

瞑想講座、本当にありがとうございました。これからも瞑想を続けます。

そしてポーズをとることだけがヨガではないんですね。目から鱗です。

これからもブログを読んで、できることからヨガ的な生活を始めてみます。

出産して落ち着いたら、直接カオンさんのヨガを受けてみたいです。

では、本当にありがとうございました。

MHさまには了解を得て、全文そのまま載せています。

なので、私の無料通信瞑想講座の内容を知らないと、わかりにくい点もあるかも。

 

イライラしたくないあなたへ『0から始める7日間の瞑想講座』

ちょっと説明しますね。

受講希望のフォームでご登録していただくと、毎日7日間、瞑想のガイダンスのメールが届きます。

0から始める7日間の瞑想講座

それに従って、ご自宅で自由な時間に瞑想を試していただくという講座なんです。

 

瞑想って難しいんじゃない?

丈夫です。

ご安心ください。

瞑想をやったことのない方にも、簡単に瞑想状態に入れる工夫として、瞑想の方法時間を設定しています。

雑念が湧いてきてしまって集中できなーい

そういう方に向けて、マントラと呼ばれる、ある決まった言葉をイメージとともに唱えるという瞑想もあります。

声を出すと、イメージで雑念が湧く隙がなくなると同時に、とっても気持ちよい場所に行けます。

 

MHさまも、広ーい海にぽっかりと浮かぶ自分がいつも浮かんでくるとおっしゃっていますよね。

 

瞑想って、バカンスみたいなもの。

瞑想ってきくと、なんだか我慢してじっとしていなくっちゃいけない修行みたい?子供がいたらできないんじゃない?というものを思い浮かべる方がきっと多いんじゃないかな。

でもね、きちんとしたやり方でやると、そんなに苦労しなくてもいいトコロまで行けちゃうんです。MHさんのように。

 

自宅に居ながらにして、広ーい海にぽっかり浮かぶ自分を想像してみてください。

 

本当にその時間を満喫できたら、自宅でバカンスも本当の話でしょ。

MHさんの瞑想効果はそれだけに終わりません。

 

瞑想がすごいのは、イライラの原因を自己解決できてしまうところ

MHさん

わたしは何かとジャッジしていたということです。

いいか悪いか、出来たか出来ないか。

それを自分だけじゃなく子どもに対してもしてしまっていました。

 

ただただありのままを観察しそれを受け入れること。

今目の前にあることだけに集中すること。

それを自分だけじゃなく相手に対してもやってみること。

 

これが何故すごいのか、説明しますね。

 

これはとっても大きな気づき

私たちは知らないうちにいつもジャッジ(判断)しています。

  • イエス、ノー。
  • 良い、悪い。
  • 好き、嫌い。
  • 白、黒。などなど。

 

モノに名前がつくと安心するように、ジャッジすることで安心しようとしちゃうんですよね。

それが結果的には自分を居心地悪いものにしていることに気づかないで。

 

MHさまの感想をもう一度みてみましょう。

お子さんに対して

「○○できてすごいねー」

って言っていたとおっしゃっています。

 

子供がその素直さのまま、こういう風に言われ続けたとしたら(ほとんどの私たちはそうだと思うのですが)

  • ○○できるのがすごい。
  • ○○できないのはすごくない。

って思い込みをしてしまいますよね。

そうしたら、その子はどう成長するでしょう?

 

自分は○○できるようになろう、ならなくっちゃ!

って自然に考えてしまうようになると思います。

 

子供へのしつけのクセはその子の将来を左右します

すごく大げさな言い方をすると、そういうことなんです。

 

先の例でいえば、○○できることが、お母さんに愛されることだって勘違いしてしまうでしょう。

 

だって、お母さんが嬉しそうに「○○できてすごいねー」って言うんですもの。

 

そして、いつしか、その○○に限らず、何らかのことをできるかできないか、という基準で判断してしまい、できない自分のことを責めたりするかもしれません。

 

何気ない言葉がここまで影響してるって考えたことありますか。

 

じゃあ、どうしたらいいのかって?

MHさんが自力で見つけた方法のように、判断しないようにする、判断してしまうクセがあることに、自ら気づくこと。

判断している言葉をかけないこと。

それから、判断してしまった自分を責めないこと。

すると、こうした影響を与えることがほとんどなくなってきます。

 

この影響は、自分自身にも同じことが言えるんです。

私のヨガととても関連があるクリパルヨガの創始者、スワミクリパルの言葉で大好きな言葉があります。

“My beloved child, break your heart no longer.
Each time you judge yourself you break your own heart.”

私の愛する子供たちよ。それ以上あなたの心を傷つけないで。

あなたが自分を判断、批判する度に、あなたは自分の心を傷つけているのですから。

ね。

でも、こんな説明一切していないのに、そういうところに自然に気づいたMHさま、すごいです!

 

イライラに対処するのではなく、イライラする本質的な部分がなくなる

これが、瞑想のもたらす効果の最大のものの一つ。

 

自分の体験によって、思考が湧き出て、腑に落ちる

 

ということです。

人から教えてもらうより、自分が会得したものの方がはるかに有用です。

宝です。

体験に勝るものはない、とよく言いますよね。その体験に、思考が付随したらどうなるでしょう?

 

頭での理解と同時に、体の感覚でも体験する。

 

一旦、こうやって腑に落ちることがあると、そこから先の人生全体に効果を及ぼすことができます。

つまり、一時的ではなくって、持続できる体験であり思考であり視点なんです。

 

MHさまは、そんな宝を自らちゃんと掘り起こせたことを是非誇ってくださいね。

そしてこれからも是非、子育てを楽しみながら、自分育てをしてください。

 

ヨガは、そんなMHさまのような迷えるおかーさんの指標にきっとなります。

 

そう、ポーズだけじゃない、これもヨガでーす。

 

スポンサー リンク



イライラしたくないあなたへ。無料で学べる!0から始める7日間の瞑想講座

無料で学べる!0から始める7日間の瞑想講座イメージ
イライラしにくくなったり、不安感がなくなったり、疲れにくくなったり、集中力が上がったり、日常生活への満足感が上がったりする、といわれている瞑想。

ヨガ歴20年超の私、カオンが自分の実践経験から、誰にでもカンタンにできる瞑想方法を集めました。全くの未経験の方でも大丈夫なように、実際にクラスでやっているようなスタイルで皆さんにお伝えします。

瞑想が身に着くと人生がちょっと変わる、と私は信じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA