紆余曲折を経て手に入れた【ストウブ】やっぱりこんなにスゴい!

オススメ鍋シリーズ第3弾

今日は私がオススメする鍋、最後の1つです。

この3つの鍋に出会うまで、結構な数の鍋を試しました。

あれこれの試行錯誤の末に、これら3つに出会えてよかったと思っています。

料理の手軽さも、時短も、美味しさも。

もちろん、今も違う鍋を使うこともありますが、もしこれらがなかったとしたら……ちょっと想像できないくらいです。

そんな私の最後のおススメ鍋は、皆さんもご存知の有名なお鍋。

 

最後のおススメ鍋、STAUB【ストウブ】

出会いというか、きっかけはキャンプにちょっとはまっていた頃です。

その頃はダッチオーブンに凝ってました。

ダッチオーブンってご存知ですか?

すっごいカンタンな説明をすると、重たい鉄の鍋です。

もう一度、言います。重いです。

フタがしっかりしているので、その上に炭を乗せてオーブンのようにも使えるお鍋です。

 

オーブンのように使えるっていうのが、その魅力。

 

アウトドアでの料理のレパートリーがぐんと広がります。っていうか、野菜のオーブン焼きはそれだけでおいしいし。。。

キャンプっていうと、どうしてもバーベキューのような網焼きが想像されるかと思います。勿論、その他にも飯盒とか普通の鍋もありますけどね。

 

オーブンのように上下から万遍なく熱をいれられると、野菜の味がグンと引き立ちます。

アツアツのほっくりとする野菜をはふはふ言いながら食べるのは、それはもう格別。

 

ダッチオーブンはメリットもあり、デメリットも

恐らく皆さんも同じだと思うのですが、日常生活だと炭を使いません。なので、フタに炭をのせることができないんですよね。

ダッチオーブンは、ふつうのお鍋として使ってもその重さや密閉具合がよかったので、小さいダッチオーブンを日常的に使って料理をしていました。

こうして何度か使っていくうちに、重たい鍋っていいな、って思い始めました。

けれど、手入れがちょっと面倒なのがダッチオーブンの難点。南部鉄器よりもちょっと面倒だったかな。

この面倒な点が、少しでも楽チン生活をしたいという私にとって卒業のきっかけでした。

 

重厚で手入れが楽な鍋はドコだー?!

重くて厚みのある鍋の良さを知ってしまった私。

ダッチオーブンの何がいいんだろう?って研究し始めました。

そんなときに見つけたのが、このストウブ

重さもあるけれど、ダッチオーブン程じゃないし、手入れがラクそうです。

 

ストウブを調べていったら、私が好きなダッチオーブンが備えていた機能を備えていることが分かりました。

 

ストウブのここが好き!

似たようなお鍋がル・クルーゼからもでています。デザインはこちらの方がかわいい。

こちらの記事にも書きましたが、デザインも欠かせない要素である私にとっては、とても悩ましい問題です。

プロ級の味を節約しながら簡単に。この鍋でカレーが美味しい!

2015.10.14

しかし、そこは鍋。やっぱり、調理具合が一番重要です。

いざ調理をしてみたところ……。

 

その秘密は、鍋の●●にあり!

実際に調理をしてみたら、底の部分の厚みが違うのか、ル・クルーゼの方は、私の調理方法だとちょっと焦げやすいということが分かりました。ただ、これは私の調理の腕もあるかもしれません。

けれど、もう一つ、とても大きな違いがあるんです。

それはフタ!

ストウブのフタの裏。このぽちぽちがいい味をだすんです。

ストウブのフタの裏。このポチポチがいい味をだすんです。

これは私が持っているストウブの鍋のフタです。フタの内側に突起がついているのが分かりますか?

ストウブのWebで調べてみたら、この突起のことをピコっていうそうです。かわいいですね。ピコが付いたココット型の鍋なので、ピコ・ココットという商品名です。

ストウブ

 

このピコが、ダッチオーブンを研究しているときに知った大きな特徴です。

 フタの裏の突起の効果とは

蒸気の力はとても強いので、普通のお鍋の場合、蒸気・水分が逃げてしまいます。

けれど、ダッチオーブンや、このピコ・ココット等の場合、フタが重いので蒸気が外に逃げません。

そうすると、お鍋の中が蒸気で満たされます。この突起、ピコは蒸気を集める効果があります。集めた蒸気を水に戻す、といった方が分かりやすいかもしれません。

そして、ピコの形によって、この水に戻った元蒸気が鍋の中へと滴り落ちます。

そうすると、どうなるか分かりますか?

水分が中で循環されるので、本当に少量の水分で煮ることができるんです。

 

これを知っちゃうと、フタの内側の突起があるという条件は外せませんよね。

それがついているのがストウブでした。

 

意外なところにあった、ストウブ

ストウブを欲しいと思い始めた頃、ネットでの買い物は今のように流行ってはいませんでした。

なので、買い物といえば定価。

定価をみていただくと、ちょっとビックリですよね……。

なのでデパートへ行っては値段をみて、躊躇してカタログだけもらって。家に帰ってから、やっぱり買おう!と思い直して、店頭へでかけて。そして、値札を改めてみて、店員さんに話しかけられても決心がつかずにカタログだけもらって帰って……。

 

こうしてストウブ本体の代わりにカタログがウチに増えていきましたとさ。ははは。

これはコウヘイと出会う前の話。

 

コウヘイと出会って、震災や、その後の海外滞在を経る中で、家財道具のほとんどを手放しました。調理器具も、お気に入りの鍋や小物を除いてすべて。

詳しくはここに書いてあるとおり。

ヨガ的生活プラクティショナー:カオンについて

2015.07.15

 

帰国してから、新しい生活に備える中で、コウヘイの母が持っていたストウブを使わせてもらいました!

ストウブを使ったことはなかったので、念願かなっての初体験でした。

……使ってみて出てきた一言は、やっぱり予想どおり!とってもいい!

 

フタを開けた瞬間、ひろがる幸せ

フタの重さのおかげで香りが一切逃げません。なので、調理を終えて、フタを開けた瞬間に立ち込める香りがなんと幸せなことか。

素材がもっている水分が循環するので、味のしみ込み方が、昨日紹介した「はかせなべ」とはまた違って、別の美味しさが引き出されます。

 

ストウブが最適なのは、トマトソースや様々な煮込み料理。

中でも私がよくやるレシピは「ごぼうの丸煮」

ごぼうってこんなに美味しい素材だったんだねー!と食べる度に思います。

【ごぼうの丸煮】

ごぼうをよく洗います。

結構大きめにごぼうを切ります。目安としては中指くらいの長さかな?

油をストウブにちょっとたらして、ごぼうのいい匂いがするまで炒めます。

そこに出汁をうっすらと入れてフタをして煮る。

以上!

私は食べないのですが、色やツヤ、柔らかさで判断して、コウヘイの家族のためにお肉を煮たこともあります。これも、とってもうまくできます。普通のお鍋と違って、水分が循環するからでしょうね。お肉がもつ水分でお肉が加熱されて、その水分がまたお肉の中へ戻っていく。

いわゆる、お肉の脂とウマ味を閉じ込めるっていうやつでしょうか。

 

そして、いざストウブを購入?!

こうやって使っていたストウブは、コウヘイの実家にお世話になっているときに使わせていただいたもの。なので、引っ越しをするときには、自分のストウブを今後こそ絶対に買おう!と思っていました。

すると、あまりにも私が絶賛するものだから、義理の母はそのストウブを私にゆずってくれました。

ありがとうございます。

義理の母から譲ってもらった、念願のマイストウブ

義理の母から譲ってもらった、念願のマイストウブ

ストウブがいざ手に入ってみると、専用の鍋敷きが欲しくなってきちゃいました。

これが面白いんです。なんとマグネット式

ダッチオーブン程ではないにしても、重たいし、調理したらすごく熱くなるストウブ。

 

そこで、このマグネット式の鍋敷。

火からおろしたストウブの底にパチンとマグネットで勝手にくっついてくれて、おっこちないようになっています。

安全に鍋敷きとセットで持ち運べるというシステム。

ちょっと変わった面白い小物が好きなコウヘイは、この鍋敷だけでも欲しいな、なんて言ってました。

でも、これもまた鍋敷きとしてはちょっと高額なので、現在購入を検討中。

そのうちに手に入っているかもしれません?!

 

p.s.女性の好きな秋の味覚もできちゃいます。

焼き芋が好きな方って結構いらっしゃいますよね。

ストウブがあれば、ホイルも水もいりません。

洗ったサツマイモをストウブにいれて、フタをして弱火にかけるだけ。

串などがスッと通るようになればOK!

太さにもよりますが40~50分でできます。

その間、たまにひっくり返したりするだけ。

 

オススメの3つの鍋をこうやって改めて書いてみて思いましたが、いずれも楽チンで美味しい料理を作れる鍋でした。この中の一つが、あなたのお気に入りの鍋になったら嬉しいです。

 

 

スポンサー リンク



イライラしたくないあなたへ。無料で学べる!0から始める7日間の瞑想講座

無料で学べる!0から始める7日間の瞑想講座イメージ
イライラしにくくなったり、不安感がなくなったり、疲れにくくなったり、集中力が上がったり、日常生活への満足感が上がったりする、といわれている瞑想。

ヨガ歴20年超の私、カオンが自分の実践経験から、誰にでもカンタンにできる瞑想方法を集めました。全くの未経験の方でも大丈夫なように、実際にクラスでやっているようなスタイルで皆さんにお伝えします。

瞑想が身に着くと人生がちょっと変わる、と私は信じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA