ヨガの魔法「親友ができる」それは何故かっていうとね……。

知ってた?ヨガのおもしろさ。

とっても不思議なことを言います。

前にもお話したかもしれません。

私が週に一回開催している2時間のクラス。

これを一緒に受けている方同士のお話。

特に一緒にお茶にいったりはしませんが、親戚のような感覚がします、と仰います。

カオン
接点がなさそうな人でも仲良くなれちゃうんです。

ヨガを受けているだけなのに親戚のような感覚になれるっておもしろくありませんか?

 

そして、そのヨガを教えるために学ぶ側になってみたら・・・?

 

これもヨガのとってもおもしろいところ!

 

とある三人の話

昨日の記事【「2年10か月」という一歩を踏み出せ!最初に知るべき5つのリスト】の最後のあたりのこんなことを書きました。

先にあげた記事2本の「よっしー」と「まこっちゃん」は今や互いに認める親友です。当初は、接点らしい接点は実はあんまりありませんでした。 ですが、共にヨガを学んでいる現在、かけがえのない仲間です。

「2年10か月」という一歩を踏み出せ!最初に知るべき5つのリスト

2015.08.30

これについて、本人である「よっしー」と「まこっちゃん」からコメントをいただいたのでご紹介します。

よっしーとまこっちゃん。二人は親友!

TTの一場面。二人はどんどん仲よくなっていきます。

 

よっしーの場合

まこっちゃんの存在は、かけがえのないという言葉が一番しっくりきます。

ヨガの仲間、それもTT(註:ティーチャートレーニング)としての仲間というのは、人生の深い本質の部分で繋がっていて、まこっちゃんだから通じ合えるという安心感、喜びがあります

そして、そのエネルギーがメールをしているだけで元気をもらえる!

そのパワーは、すごいな~と思います。

よっしー
さすが、『在り方としてのヨガ』の講師になる人ってすごいなー

と思いました。

大人になってからも、こんな出会いがあって、時間を超えて深く親友のような繋がりを作れる事に喜びを感じます

 

まこっちゃんの場合

今、ヨッシーの存在は?と聞かれて、私が直ぐに思い浮かんだ言葉は〝親友〟です。

何でかな?と自分でも考えました…

親友って学生時代に一緒にいる時間が沢山あって、色々な事を相談しあって、お互いに心を許している友達の事だと思ってました。

けど、ヨッシーとは、まだ知り合って2年チョイ。

それも、このTTが大詰めになる前までは、数ヶ月に一度顔を合わすくらいでした。

生まれも、育ちも、今現在お互いが置かれている環境も全く違うのだけど、TTを学ぶと言う、同じ体験・体感が一緒に出来ていると言う存在がとても大きいです。

ヨガについて思う事、考え方、気付く所が私と違って、あ~そう考えるのか~~なるほどーっと、とても参考になります。

あともう、ヨッシーの在り方自体が私の参考書ですカオン先生はもちろんですが!》

私が堕落した日常生活に流され過ごしている時にヨッシーからLINEを貰うと

まこっちゃん
オット~ヨガ的生活を私も送らないとアカンやん!

っと引き戻してくれます。

やはり、この『在り方のヨガ』を皆さんに伝えたいという思いが一緒だから、時間をかけて積み上げていく親友じゃなくて、シュン!と瞬時に親友になれると言うか、同じ在り方だから、分かり会えると言うか。

とにかく大きな存在で、これからも、ずっと在り続ける限り、続くのだろうなぁ~と思います。

ヨッシー、よろしくね♪(´ε` )

 

わたし、カオンの場合

私は、複数のヨガティーチャートレーニングを受けました。

そこで仲良くなった人とは、今でもずっと続いています。

姫路に行くときのコーディネートをしてくれる京子先生もその一人。

関西には他にも、このときに知り合った親友がいます。

 

コスタリカでティーチャートレーニングを受けたときにできた親友もいます。

アメリカ人とドイツ人。

 

アメリカに行ったときには、私のためなら、と車で片道数時間の距離を送ってくれました。

その後、メールなどはあまりやっていなかったのですが、空港で出会った直後から勿論すぐに打ち解けて積もり積もった話をあれこれと話しました。

 

ドイツ人の彼女はアイルランド在住。

私がアイルランドに行く度に彼女に会います。

そして、彼女のところに泊めてもらったり。

彼女のテラス

周辺には何もなく、緑だけ。晴れの日はとにかく気持ちいい!

彼女は、とても素敵なスタジオをもっているので、その内に皆を連れてアイルランド合宿!なんていう風に行きたいな、とも思っています。

アイルランドの彼女のスタジオ

まるで教会のようなスタジオ。こんな場所でヨガやってみたくない??

 

トップの画像は、これまた別のところで知り合ったヨガ講師のルーマニア人、カタリーナとノルウェーにて。

なんで親友になるんだろう?

ヨガを学んでいくとき、なぜ親友になるんだろう?と不思議に思いました。

同じ志をもって学ぶということも、親友になる環境なのかもしれません。

でも、それ以上にもっと重要だと思う要素があります。

 

自分を認めて、相手も認めるということ

 

これが何よりじゃないかと思います。

『在り方としてのヨガ』では、まず自分のことを深く知ることから始めていきます。

自分にかけられてしまった、あるいは自分自身で無意識のうちにかけてしまった鎖を解いていくんです。

これだけでもずいぶんと自分の存在、人生への見方が変わります。

 

さらに、自分のことをきちんと知り、認め合えるようになった者同士が、同じ土俵にたって相手を認めることができたときに、その二人は親友となります。

よっしーもまこっちゃんも話してくれたように、そこには時間も距離も生い立ちも環境も、そういった壁は一切必要はありません。

ありのまま、そのままの自分を認めあう関係です。

 

親友をつくりたくてヨガをはじめました。

ヨガをこんな風に活用してもいいかもしれません。

 

 

スポンサー リンク



イライラしたくないあなたへ。無料で学べる!0から始める7日間の瞑想講座

無料で学べる!0から始める7日間の瞑想講座イメージ
イライラしにくくなったり、不安感がなくなったり、疲れにくくなったり、集中力が上がったり、日常生活への満足感が上がったりする、といわれている瞑想。

ヨガ歴20年超の私、カオンが自分の実践経験から、誰にでもカンタンにできる瞑想方法を集めました。全くの未経験の方でも大丈夫なように、実際にクラスでやっているようなスタイルで皆さんにお伝えします。

瞑想が身に着くと人生がちょっと変わる、と私は信じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA