寓話:責め鬼さんと褒め鬼さん。ヨガで快眠に。

責め鬼さんと褒め鬼さん

とあるところに、それはそれは氣立てのいい女の子がいたそうな。

彼女は、小さな頃から友達に気をつかう優しい女の子へと育っていきました。

いつしか彼女は、周りの人に気を遣いすぎて自分の考えが分からなくなっていきました。

周りの人のことをあれこれ考えすぎて「自分のことを考える」ことが少なくなってしまったのです。

 

とある晩のこと。

寝ていた彼女は、布団の上に重さを感じました。

うっすら目をあけると、かわいらしいけれど口の悪い「責め鬼さん」が彼女の上に乗っかり、彼女のことを責め続けます。

その晩、「責め鬼さん」は彼女のことをずーっと責め続けました。

次の朝、彼女は疲れがとれていないどころか、寝る前よりも疲れてしまっていました。

 

それでも、いつもと同じように会う人会う人に氣をつかって過ごしました。

すると、そうやって氣を遣った晩に「責め鬼さん」はあらわれ、彼女の頭の中は徐々にパンク状態になっていきました。

 

快眠へのひとつの出逢い

 

頭の中がパンクしそうな彼女は、とある先生に相談してみました。

その人は『床に額をつけて、大地に挨拶をすること』をしてみたらどうかな?と言いました。

素直な彼女は、ひとまず、言われたことを実践してみました。

すると、どうでしょうか。

パンク状態だった頭から、周りの人への思いがどんどん現れては消えていったのです。

 

しばらくして、周りの人への気遣いや心配がなくなって、とってもスッキリした彼女はふと思いました。

 

「わたしは、わたしについてどう思っているんだろう?」

 

その夜のこと、久しぶりの快眠。

彼女は、また布団の上に重みを感じました。

「また責め鬼さんが来ちゃった。イヤだなぁ……。」

そう思って目をうっすら開けると、責め鬼さんに似てはいるけれど、どこか違う鬼さんがいました。

それは、彼女のことを褒めてくれる「褒め鬼さん」だったのです。

「褒め鬼さん」は一晩中、彼女が元気になる言葉を言い続けてくれたのでした。

その晩、彼女は久しぶりにぐっすりといい気持ちで寝ることができました。

 

そして、自分のことを考えた日には「褒め鬼さん」が現れて、ぐっすりと眠れる日が続いていったそうです。

めでたし めでたし。

頭のおしゃべりが忙しい方のお話

今回のお話は、ヨガのパーソナルセッションで画期的な変化を感じた生徒さんの体験を基にしたお話です。

その生徒さんは「逗子 ヨガ 瞑想」でググってわたしをみつけてくれた40代の主婦 みゆきさん(仮名)。

彼女は走るのが好きでマラソンしていたそうですが、膝を痛めたことでやめてしまい、今では時々近所を走っている程度だそうです。

 

カオンの処方ヨガを受けたくなった理由を聞いたら、ずばり!

「氣持ちよさそうだったから」

なかなか感性のよさそうな方です。(笑)

 

みゆきさんはあまりご自分のことを話しませんでしたが、マラソンをしていたとおっしゃっていたのにも関わらず、体育会系というよりはどちらかというと文化系の感じのする方でした。

なのでもしかしたら、彼女がマラソンをする目的とは、わたしがヨガをする目的と同じなのではないかなと思いました。

わたし、カオンがヨガをする目的とは―

プロフィールのところで詳しく書きましたが

頭が空白になってお休みする感じを味わいたい。

わたしの思いとみゆきさんの思いが似ているとしたら……。

カオン
あまり口数が多くないけれど、彼女の頭の中は実際には発することのない言葉や感情のかけらがたくさん詰まっているのではないかな?

そんなことを思いながら、パーソナルセッションを進めていきました。

まずは軽く動いて、自身の現状を知っていただくことから

セッションの始まりのやりとりを終えた後は、カオンがガイドをしながら簡単な動きをやっていただきました。

ですが、みゆきさんは頭で理解しないとカラダを動かせず、とてもぎこちない感じ。

みゆきさんもご自身でこれには少しびっくりしていました。

みゆきさん
自分の身体なのに、思うように動かせません。

こう仰るみゆきさんに、「上手に動かすのが大事なのではなくて、今の自分の状態を知っていただくのが目的です」と説明しました。

 

動かしにくいという感じを知ってもらう、味わってもらう。ということです。

現状がわからなければ、そこから先に進めませんからね。

 

しばらくいくつかの動きをしていただき、自分の身体に少し慣れたところで、手をのばす子供のポーズ(カオンは平伏のポーズと呼んでいます)をやっていただきました。

これは頭が高速で働いてしまう方に最適なポーズ。

 

「おでこを大地にくっつけて、大地に挨拶をしましょう。
そしてそのおでこから自分の頭の中の
今はもう必要なくなった考えや古い思いを
大地に還えしましょう」

 

平伏のポーズの結果、セッション直後

上体を戻して正座になったとき 、みゆきさんはなんだか頭が軽くなったと仰いました。

そして、何故だか分からないけれど、涙が少しでそうになったそうです。

 

まるで寓話のようなホントの話

そして、この体験をした日から「責め鬼」さんが来なくなったんですって。

「責め鬼さん」とは冒頭で書いたとおり、夜中の2時ころに突然目がさめて、誰かに責められているような気持ちになって、あまり眠れなくなってしまうこと。

 

そして「責め鬼さん」がこなくなったかわりに「褒め鬼」さんが来て、夜中になんとも褒められているような、いい気持ちで起きることが2回ほどあったんですって。

そのときはとってもうれしい氣持ちのいい感じだったそうです。

カオンの分析:「責め鬼さん」と「褒め鬼さん」

「責め鬼さん」とは日中の頭の中のおしゃべり、つまり自分を責めたり、後悔したりする無意識の声、データが眠っている間に処理しきれなくてあふれてきたのじゃないかななんて思います。

そういった声が、平伏のポーズで頭を床につけることで、アーシング効果となり解放されたのかもしれません。

そして、そのような無意識の声、データがなくなったおかけで、本来あった自分を認める、受け入れるという声が大きくなったのではないかな。

本当に大切なこと

実際に頭の中で何が起こっているかは、脳神経の専門家なら説明できるかもしれません。

でも、正確なことがデータとしてきちんとわからなくても夜中にイヤな感じで目覚めることがなくなったのはよかったー!!ってことです。

 

無意識を意識の光で照らして自分を知るということ

これはヨガの目的のひとつ。

 

ヨガをやっていただくことによって、みゆきさんが楽になれてよかったなーと思います。

それからというもの、みゆきさんは昼間に頭が声でいっぱいになったときも、パーソナルセッションの中で覚えたヨガ的なことを実践し、それらを消すことができるようになったともお話してくださいました。

とても優秀な生徒さんです。

 

スポンサー リンク



イライラしたくないあなたへ。無料で学べる!0から始める7日間の瞑想講座

無料で学べる!0から始める7日間の瞑想講座イメージ
イライラしにくくなったり、不安感がなくなったり、疲れにくくなったり、集中力が上がったり、日常生活への満足感が上がったりする、といわれている瞑想。

ヨガ歴20年超の私、カオンが自分の実践経験から、誰にでもカンタンにできる瞑想方法を集めました。全くの未経験の方でも大丈夫なように、実際にクラスでやっているようなスタイルで皆さんにお伝えします。

瞑想が身に着くと人生がちょっと変わる、と私は信じています。