世界一の安心世界に住むためにできること

本当の安心世界に住むためにできること

身体は食べモノでつくられますが、心は?

本当の安心世界「自分が自分でいられる世界」に住むためには、自分の身体や心が何からできているのか考える必要があります。

カラダが食べ物からつくられている

これはみなさん納得されると思います。

それでは、何を見るか、読むか、耳にするか、どんなモノに触れるかで、思考や心が作られるというのは考えたことがありますか。

ネガティブなニュースを見ると、ネガティブな気持になったり、元気のいい話を聞くと元気になるというのは誰でも体験したことがあると思います。

一度や二度、「あー、今見たものに影響されているなー」って気付くことはありませんでしたか。

それは生まれてから始まっている

実際は、生まれてから今までの、見たもの、聞いたもの、触れたものたちで、自分の思考は出来上がっていきます。

たとえば、どんな時代のどの国で、そして男女どちらかに生まれたという条件によって、ある程度の思考の仕方が決まってくるだろうなというのは想像できると思います。

もっというと、赤ちゃんや、子供などは、実際には自分に向けられた言葉じゃなくても、周りの大人たちの思考などもキャッチしているのです。

怪獣はいるけど、ウルトラマンはいない。

私は小さいころの記憶がところどころですが、はっきりと残っています。

たしかあれは幼稚園生くらいのとき。

急に夜が怖くなりました。

それまではなんともなかったんです。

キッカケはテレビの子供向け番組。

内容は、怪獣をウルトラマンが倒すというもの。

ある晩ふと「怪獣はいるけど、ウルトラマンはいない」

そう思ったんです。

だから、怪獣がきたら、誰が私たちを守ってくれるのかなぁって考えてしまいました。

そんなことが頭に浮かんだら、夜の暗さが怖くなりました。

私が触れていた母の気持ち

どうして怪獣がいることを認めて、ウルトラマンはいないって思ってしまったのかずっとわかりませんでした。

でも、ようやく今、分かってきました。

当時私の母はとても苦労をしていました。

多分あまり幸せではなかったと思います。

その思いが、もしかしたら、私を助けてくれる人はいないっていう気持ちだったのではないかと思うのです。

そう考えると、私の思考「怪獣はいるけど、ウルトラマンはいない」っていうのが生まれたのは自然な感じがします。

カラダにも沁みている母の影響

だいぶ後になって、瞑想をしているときにふと、思い出したことがあります。

それは、母のお腹の中にいたときに、私は母の思考や感情的なものに色々影響うけているということ。

胎児の時から始まっていました

家庭の恥部をさらすようで気がひけますが、母が私を妊娠していたとき、父はほとんどの時間、愛人のところにいました。

そのときの母は、赤ちゃんが生まれたら父はきちんと戻ってくると思っていました。

実際、その通りに私が生まれる少し前に戻ってきました。

ですが、生まれるまでの一人でいる不安感は、私が初めての子供ということもあって、想像できないくらいのとても大きなものだったと思います。

その不安な気持の波動を私はおなかの中にいるときにずーっと浴びていたということを、瞑想のときに思いだしたのです。

私が大人になって男性とお付き合いするようになって、あまりうまくいかないなーと思う原因もここにあったんじゃないかなと、その時知りました。

母のこの時の不安、男の人に対しての不安感というものがしっかり私の細胞の中にしみ込んでいたのです。

それは神経レベルにも及んでいるかもしれない

私が男性を選ぶ時には、自分がその人を好きかよりも、私のことを好きと思ってくれる人かどうかを優先していました。

きっと、そこに安心感を求めていたからです。

そんな恋愛というか、付き合いは上手くいきません。

結婚も一度しましたし、結婚するくらい長く付き合った人もいましたが、一度も妊娠しませんでした。

これは、今これを書きながら思いついたことですが、妊娠することによって相手がいなくなってしまうかもと、体のどこかで感じていたのかもしれません。

実際に病院に行って調べたわけではありませんが、もしホルモン的な何かが原因だったとわかったとしても、その神経を操作している私の身体がそうさせていると考えることができます。

そうすると、見聞きしたり触れるものによって、思考だけが作られるのではなく、身体の生理機能にも影響する、つまりカラダをつくることにも関係していると言えるのではないかと思うのです。

親子関係改善を求める生徒さんへのアドバイスとして

ちょっと話がずれるかもしれませんが、ヨガの生徒さんでお子さんとの関係を改善したいとおっしゃる方には、大体決まって言うことがあります。

お子さんを自分よりも弱くて庇護しなくてはいけない存在だと、まず思わないでください。

そう思うことは、彼らに自分が弱くて何もできない存在だということを言葉のレベルではないカタチで伝えていますよ。

お子さんはこの世界での経験年数は少ないですが、魂のレベルでは、あなたと同等かそれ以上だと思ってください。

ただ、この世での実際の体験が少ないだけなんです。

こう思ってもらうだけで、お子さんに対して発する言葉が変わります。

そして、それはすぐにお子さんの言動を変化させるのです。

即日で大きな変化が起きました

実際、お子さんをまだ何もできない子供だから(10歳)と思っていたというお母さん。

お子さんがクラスで少し浮いてしまっていることを気にして、どんなアドバイスをしてお子さんを助けることができるか、ということを相談されました。

私は、さっき書いた通りのことを言いました。

次の週、すぐに彼女から嬉しい報告をもらいました。

 
この子は自分でちゃんとできる子だって、思ったその日、学校から帰って来た子どもの話す内容が全然変わりました。ちゃんと自分で考えた行動をして、そしてそれがうまくいったようなんです。

彼女はこう続けました。

 
子供を信用することって、すごく大切なんですね。

できない子にしていたのは、私の思いのせいだったなんて……。

言葉として発しなくても、思いを変えるだけで、相手の行動が変わるのです。

そして安心世界を手にいれるとは

子供たちのために、私たち大人ができること

彼らが目にする、耳にする、触れるものに氣を配るということ。

これは、自分の子供たちだけではなく、これからの未来をつくる世界の子供たちのためにもなることです。

 

私たち大人のために、私たちができること

自分が目にする、耳にする、触れるものに氣を配るということ。

自分がどんな思考、心持ちで過ごしたいかを考えてみたら、自然と触れたいモノがわかるはずです。

 

そして、もう一歩、その先へ

しっかりとした自分の下地ができたら、あとはどれだけネガティブなものを見たり聞いたりしても大丈夫になります。

簡単に影響されなくなります。

そうするとね―

本当の意味での安心が生まれます。

その安心とともに生活する。

それが世界で一つの安心世界「自分が自分でいられる世界」の住人になることです。

 

 

>>次のページはこちら

スポンサー リンク



イライラしたくないあなたへ。無料で学べる!0から始める7日間の瞑想講座

無料で学べる!0から始める7日間の瞑想講座イメージ
イライラしにくくなったり、不安感がなくなったり、疲れにくくなったり、集中力が上がったり、日常生活への満足感が上がったりする、といわれている瞑想。

ヨガ歴20年超の私、カオンが自分の実践経験から、誰にでもカンタンにできる瞑想方法を集めました。全くの未経験の方でも大丈夫なように、実際にクラスでやっているようなスタイルで皆さんにお伝えします。

瞑想が身に着くと人生がちょっと変わる、と私は信じています。

1 個のコメント